ゾンビからジェイソンまで、ホラー映画を語る
『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』6月17日(金)発売!!
描き下ろしイラスト多数収録!!

June 3,2011

荒木飛呂彦がこよなく愛するホラー作品の数々は、
『ジョジョの奇妙な冒険』をはじめ、自身が描いた漫画作品へ
大きな影響を与えている。
本書ではそんな著者が、自身の創作との関係も交えながら、
時には作家、そして時には絵描きの視点から作品を分析し、
独自のホラー映画論を展開する。
巻頭には「荒木飛呂彦が選ぶホラー映画 Best20」も収録。
ホラー映画には一家言ある著者の、
1970年代以降のモダンホラー映画を題材とした偏愛的映画論!

定価
ページ数
仕様
 798円(本体価 760円)
 240P
 新書版