“「岸辺露伴 新宿へ行く」展”の展示風景をご紹介

September 30,2011

ブランド創設90周年を記念し、その歴史と伝統を体現する空間に生まれ変わるグッチ新宿。
その3階イベントスペースで、荒木先生が描いた『岸辺露伴 グッチへ行く』の原画と、
そこに描かれたグッチ最新コレクションを同時に展示する
“GUCCI×HIROHIKO ARAKI×SPUR「岸辺露伴 新宿へ行く」展”が10月6日(木)まで開催中です。
その展示風景の一部をご紹介しますのでご覧ください。

『岸辺露伴 グッチへ行く』のイラスト展示パネル【1階ショーウインドウより】





会場入口【3階イベントスペースより】


『岸辺露伴 グッチへ行く』のストーリーを
追って見られる全16 ページ分の複製原画。
【3階イベントスペースより】


6点の原画と、その中で露伴らが着用していた
グッチ2011-2012 秋冬コレクションの服、
バッグ、スニーカーなど。
【3階イベントスペースより】




グッチのスニーカーを履いた
等身大の岸辺露伴〈制作:バンプレスト〉。
【3階イベントスペースより】

・会期:2011年9月17日(土)~10月6日(木)、11 時~20時
    (※入場制限を行う場合があります)
・会場:グッチ新宿(東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野ビル)